むぎちゃんのゆるゆる日記

強欲・腹黒系のままんと、のんびりしたダックスの、ゆる〜い日記。
<< 誤解だってぇ・・・・・ | main | すっぱおう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
我愛中国

中国は今年中にも日本をGDPで追い越し、
世界第2位の、経済大国になるという。


生産拠点としての面ばっかり、強調されているような気がするけど
中国といったら、やっぱり、商人の国でしょう。


中国人は商売がうまい。
根っからうまい。
中国共産党幹部たちも、中国人の血をひくから、当然商売上手。
だから、経済が発展するんじゃないかと、常々思うわけで・・・。


今はどうかわからないけど、むかしの中国には2重価格っていうものがあった。
中国人民用の価格と
ガイジン用の価格。


中国人が、タダ〜100円くらいで
ガイジンが、500円〜1500円くらい、とか。(笑)


別に中国に限らず、ロシアも、ベトナムも、インドも、タイも
そういうことをしている国はたくさんあるんだけど。


とにかく、そういうことをしている国というのは、日本と相当物価が
離れていることが多いので、物の値段がよくわからないことが多い。


そういった国で、その国の人より、ずっと高い金額で物を買ってしまった場合、
「ボッタくられた。」
と言う言葉を使うことがある。


中国も、この「ボッタクリ」が多い国の一つだ。


これは定価販売に慣れている人と、言い値でやり取りしている人の
違いで、ニッポンジンは、言い値文化に弱い。


中国では、「ボッタクられ放題」だ。


何度中国に行っても、あたしはこの中国価格に慣れなくて
ええ買いもんした〜(〃´Д`〃)
って自分では思っても、
「麦田さん、何度中国に来てるんですか?」
と、中国人にあきれられるほど、「ボッタクられ」続けたものだった。


中国の長江を船で下る、山峡クルーズというのがあった。
巨大な山峡ダムを作る(2003年完成・・・・した?)前のこと。
今は、どうなんでしょう?


あの船は、ニッポンジンが貸し切りにしているのかと思うほど
ニッポンジンしか乗船してない。


そのときも、お客さんは全員ニッポンジンだった。


下船観光以外、とりたててすることがないので、
暇をもてあましたニッポンジン観光客に、船のスタッフは、
これでもかと毎日違うものを、売り続けた。


掛け軸
骨董
印鑑
玉(ぎょく)のアクセサリー
刺繍小物
Tシャツ


そして、その日はザーサイだった。


小さな1袋が、7元。
当時のレートは、1元=12〜3円だったから、1袋約90円くらい。


これは売れた。
このお値段だったら、ばらまき土産にもいいと思ったのか、
おばちゃんたちは(若いこは、そんなところに来ない)、1人で30個、50個と
もりもり買った。


あんまり売れるので、船員さんたちも、倉庫からダンボール箱ごと持ってきて
テーブルの上にザ〜っと開けると、次々とおばちゃんたちの手が伸びて
追加したザーサイも、あっという間に、なくなるほどだった。


その夜、スタッフの中国人、高(コウ)さんに、声をかけられた。

「今夜はこの町で停泊します。
 お客さんには知らされませんし、中国人以外は下船できません。
 ボクはタバコを買いに出るけど、麦田さん出たいですか?」

って。


そりゃあ、出たいよ。
こんな小さな町、陸路では到底これないだろうし、
中国人以外下船できませんってところが、あたしの心をくすぐって、
夜、こっそり、高(コウ)さんと船のスタッフと一緒に下船した。


下船したといっても、そこには何もなく
ただ大きな石がごろごろした川原に、掘っ立て小屋みたいな雑貨屋さんが
何件か並んでいただけだった。


高(コウ)さんがタバコを買っている間、あたしはその川原の雑貨屋さんを
のぞいて歩いた。


そのとき、あの船の中で売っていたのと同じザーサイがあるのに
気がついた。


いくらだろう・・・・・・?


たばこを買い終わって船に戻る途中、高(コウ)さんに聞いてみた。
ね〜、ね〜、あのザーサイいくらなの?


高(コウ)さんは中国語で、店のおばちゃんに聞いてた。


おばちゃんの返事で、「5」っていう数字が、かろうじて聞き取れた。


5元だったのかぁ〜
5元(約65円)のものを、7元(約90円)で売ってたのね。
原価を考えると、いい儲けだよね、ふふっ・・・・。


高(コウ)さんに言った。


あれ、5元だったんでしょ。


「はっ?
 いいえ、5角ですよ。
 1元の半分、5角です。」



え〜〜〜〜〜〜っ、5角。
1袋、6円ってことぉぉぉ?



恐るべし、中国人。il||li _| ̄|○ il||li


やっぱりあたしは、何度来ても、この国には勝てないだろうなと
思った。




つづく。

| 我愛中国 | 23:59 | comments(4) | - | - |
スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | - | - |
モルディブですかぁ。
海がきれいそうなところですね。

モルディブって、新婚旅行で行くロマンチックなところ
というイメージですが、ボッタクられると、ロマンチック
も冷めますな。(笑)

通貨は「ルフィア(Rf)」っていうんだ。
元(ゲン)より響きがおされです。(笑)

水上コテージにも泊まってみたかったけど、
ロマンチックのカケラも残ってない、麦田家には
もう行く機会がないことでしょう。(笑)

やはりビーチリゾートは若いうちに行っておくべき
だったな。( ̄∇ ̄;)
| むぎまま | 2010/03/08 1:13 AM |

♪鹿村さん

おおっ、通ですねえ。
下った船は、もう一度出発点戻らないといけないので
山峡のぼりもあるんです。

おっさる通り。
のどかで、船員さんもゆったりしていて、
日数も長くて。
あたしも「お得」だと思います。
ダムができたあと、どうなったんですかねぇ。
山峡下りは・・・?(笑)

何度行っても、中国の値段がわからなくて、
ボッタクられました。
やっぱり、中国人には勝てませんな〜(汗)

ヤングなころは、ガイコクに行く体力があったので
いろいろと行きましたが、今はもう、しんどくて・・・。
これからは国内旅行に全力投球!!!(`∇´ )
| むぎまま | 2010/03/08 1:05 AM |

モルディブでも似たような事が!
モルディブの通貨は「ルフィア(Rf)」なのですが、観光客相手には「ドル(US$)」でふっかけてきます。
お土産屋さんで泣かされる人もいるそうです・・・(^_^;
| ゆみちん | 2010/03/07 8:02 PM |

ははははは・・(笑)
さすが「華僑」の祖国ですわ〜。
たくましいですね〜。
日本が追い抜かれるのも納得です。
だいたい「値段交渉」って苦手な方が多いです。
(私も蚤の心臓なので値切りってできません)

長江クルーズ、私も行きましたっけ・・
但し「下り」ではなくて「上り」ですが・
旅費が安くて1泊多くてお得でした。
船内でお土産屋さんの店開きは同じですね
私は、写真のみ撮ってなーーにも買わなかったけど・・

なにかママ様と同じ様な旅行が多いような・・
クルーズお好きですか??

しっかし「ざーざい」が10倍の値段とは・・
恐れ入りました。
| 鹿村 | 2010/03/07 11:00 AM |










     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+おともだち
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES

+モラってタメせる



+ふぉんと

あんずいろ

+ ARCHIVES




+認定証
エビフライ犬認定証

+のせ♪のせ♪隊です
のせのせ隊

+ままんも会員
ピンボケ倶楽部


+ RECOMMEND
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
+ RECOMMEND
いつでも会える
いつでも会える (JUGEMレビュー »)
菊田 まりこ
何度読んでも泣いてしまう、大好きな本です。
+ むぎもここから
+ 楽天市場
+ ままんにメール
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ