むぎちゃんのゆるゆる日記

強欲・腹黒系のままんと、のんびりしたダックスの、ゆる〜い日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
初詣2014

あけまして
おめでとうございます。


我が家は近くのお寺さんに、初詣。




むぎたんは、自分の足で歩いていくことができた。



3人で新年を迎えることができて
感無量。


| ヘルスケア | 19:44 | - | - | - |
カウントダウン

あと、少しで2014年を迎える。


むぎたんと新しい年を
迎えられそうです。


| ヘルスケア | 23:50 | - | - | - |
ひなたぼっこ

ずっとお外に出ていなかったので
久しぶりに、むぎたんを連れて

お外に出てみた。


抗がん剤アタックを受けてから
一度も出ていないから
一ヶ月ぶりくらいかなぁ。


よろよろしながらだけど
むぎたんは、自分の足で歩いて
ちょっとお日様に当たって
帰ってきた。



10分くらいの、お散歩でした。

| ヘルスケア | 14:49 | - | - | - |
ネバーエンディングゆるゆる

むぎたんと迎えたクリスマスイヴ

そして今日、クリスマスも

むぎたんと一緒に過ごすことができた。



むぎを知らない人から見たら

なんの問題もない普通の犬に見えることだろう。



それくらいむぎは、回復してしまった。



20日に受けた浣腸の副作用もまたひどく

むぎは3日3晩寝ることもできず

たえず背中を丸めていきみ続け

おちりの穴は、おさるさんのように

真っ赤に腫れあがった。



あかちゃん用のおしりふきを買ってきて

それをも、じゅくじゅくに濡らして

お尻をやさしく拭いて

そのあと、オリーブオイルを塗ってを

繰り返した。



あたしもオットも

寝ないでむぎを見守った。



だらだらと泥のようなうんちが出続けるのも

辛かったけど

その作用がなくなったとき

むぎが自力で排便できるかが

大きな問題だった。



泥状のうんちは24日のお昼で止まり

そのあと、ピタッとうんちが出なくなった。



その時がきたと思って覚悟した。

明日中待ってもうんちが出なかったら

もう、あきらめて!

とオットに言った。



クリスマスイヴの夜

お布団でねんねするのが大好きな

むぎを抱っこして

さよなら

さよなら

と言いながら眠りについた。



朝、目覚めるとおちっこシーツの上に

大量のうんちがしてあった。




むぎ〜(>_<)




あたしたちが眠りについたあと

むぎは、必死にうんちを絞り出したようだった。



クリスマスイヴの夜

むぎはあたしたちに

まだ生きたいという気持ちを見せてくれた。



本犬は、まだ死ぬ気はさらさらなさそうで

今日も、食欲旺盛だ。




むぎ、こわいよ。

悪魔に魂売った?(笑)




抗がん剤も浣腸も

もう嫌だ。



大きくなった癌細胞は

消えるはずもない。



だけど、むぎが生きるという意思を

表し続ける限り

看取りを決断するわけにはいかない。



もう、お薬も与えないって言ってたのに

オットはこっそりと獣医さんに行って

お薬をもらっていたし。



あたしが獣医さんに電話して

これからお薬をいただきに伺います

と言ったら

「さっきご主人がみえて、お薬もって帰りましたよ。」

と先生に言われて

オットが先に行ったことが、ばれた。(笑)




この2か月

泣かない日はなかったけど

一生分泣いたけど

どうにか、こうにかやってこられた。



もうこれで最後。

もうこれで終わり。

と何度口にしたことだろう。



でも不思議なことに

最後を覚悟するたびに

なぜかむぎは復活してきた。



この運命を受け入れて

前にすすむしかない。




これまでむぎを見守ってくださった方

こんなに最後が長引いて

びっくりしていることでしょう。



いつか、むぎがお空に旅立ったときは

必ず、このブログで

お知らせします。



だけど、むぎはもう少し

あたしたちと一緒にいられそうです。


| ヘルスケア | 20:26 | - | - | - |
ひとあしお先にクリスマス

家に来て初めて

ウエットのフードをおなかいっぱいに食べ

むぎたんは今、

シヤワセ〜な夢を見ているのかもしれない。



むぎたんは、まだ生きている。



もう、ほんとにターミネーター。



19日の夜まで待って

うんちが出なかったので

また病院が終わる時間に

獣医さんに連れて行った。



看取りをお願いするつもりだった。



だけど、むぎの触診をしたツマ先生が

なんとか指が一本入るくらいの空間ができました

今だったら浣腸をすれば

うんちを出せるかもしれません。

と言う。



オットは一も二もなく

お願いします!

と言った。



でも・・・・



いいじゃないか

最後、お腹を空にして

おいしいもん食わせてやろうよ。



あたしの声は、オットの声にかき消され

むぎを、20日の朝一番で入院させた。



夜のお迎えに行く時間になると

心のバランスを失ったあたしは

堰を切ったように泣いて、泣いて

止まらなくなった。



先週、抗がん剤のアタックを受けて

死にそうになったのに

また入院してツライ治療を受けているむぎが

かわいそうで仕方なかった。



オットが

ちみは病院に来ると迷惑だから来るな。

と言った。



東京にこの冬初めての雪が降り、

大手町で雹も観測されたくらい冷え込んだ昨夜

オットはひとりで、むぎを迎えに行った。



ヒーターをつけても、ちっとも暖かくならない部屋で

あたしは不安で、不安で泣き続けていた。



1時間後

オットはむぎを抱いて戻ってきた。



むぎはお尻におむつをあてていたけど

いつものように、しっぽを振って

元気そうだった。



むぎ〜!(>_<)



うんちはほとんど出ましたって。

浣腸して

指を入れて、硬いうんちの塊を砕いて

また浣腸して

次に下がってきたうんちの塊を砕いて

を繰り返して

今はゆるいうんちが、だらだら出ているけど

そのうち止まりますからって。



もう、うんちの量とか栄養とか

何も考えなくていいから

おいしいものをおなかいっぱい

食べさせてあげてくださいって。



たくさん抱っこして

甘えさせてくださいって。



もうお薬も飲ませなくていいですって。

薬は出なかったよ。



そう言って、オットはあたしに

むぎを渡した。



むぎはまた、苦しい治療に耐えて

帰ってきた。

17日間出なかったうんちを

出し切って帰ってきた。



まだゆるいうんちが

だらだらと流れ出て

あっちも、こっちもうんちだらけになって

お洗濯が大変だけど

それも、あたしたちにとっては

嬉しい喜びだ。



うんちが出続ければいいのに

と思いながら、拭いてまわっている。



むぎは、本当にタフなファイターで

どんなにやられても倒れない。



ラウンドが終わってコーナーに戻っても

セコンドのあたしたちが

次々に強力なカンフル剤を打ち

またよろけながら、リングに立つ。



だけど、勝ち目のない戦いを

いつまで戦わせるのか。



クオリティー・オブ・ライフ

じゃなかったのか。



このままだと

むぎの心の中に

ツライ闘病の記憶だけが

残ってしまうんじゃないのか。



そう考えて決断した。



おいち〜ものを

お腹いっぱい食べて

たくさん抱っこして

大好きなお布団で

ぐっすりねんねして



そうやって週末を乗り切ったら

リングにタオルを投げ入れよう。



むぎはもう充分よくやったと思うから。



おともだち

むぎはクリスマスイヴを迎えられるかもしれないし

迎えられないかもしれません。

でも、みなさんが楽しいクリスマスを迎えられますよう

心からお祈りしています。



麦田家は、一足お先に

☆Merry Christmas☆


| ヘルスケア | 23:03 | - | - | - |
またあした

おやすみ。




明日の朝、雪が積もってたら
見せてあげるね。




だから必ず目を覚ますんだよ。


おっきなおめめを開けるんだよ。


| ヘルスケア | 23:49 | - | - | - |
いさかい

獣医さんが閉まる19時を前に

大ゲンカが始まった。



抗がん剤のアタックを受けて1週間後の今日

夜までにうんちが出なければ

獣医さんに行って、看取ると決めていた。



だけど、オットがもう少し待とうと

言い出したから。



先生が抗がん剤は即効性があるから

効くなら2〜3日で効果が出るって言ってたじゃない。



むぎは効果がでるのが遅いタイプかもしれない。

もう少し様子を見よう。



いくらなんでも、もう効かないよ。

これ以上待ってどうするの。

もう治療方はないんだよ。

2週間もうんちがでなくて

生き延びれるわけないじゃない。



じゃあ、これから医者に連れていって

むぎを殺すのか。



信じられない、殺すって。



むぎはまだ元気じゃないか。



死んでないだけだよ。

こんなに苦しんだんだから

もう充分じゃない。



いや、まだ頑張れる。

むぎはまだ生きたいって言ってる。



言ってないよ。

自分で死ねないだけだよ。

こんな姿になって

かわいそうだと思わないの。



待ってくれ。

待ってくれ、もう少し・・・・・



どちらもむぎを愛しているのに

延々と言い争いは続いた。



抗がん剤アタックを受けてから

2人ともろくに寝ていないし

疲れてイライラしていたのかもしれない。



あたしも生きているむぎを

獣医さんに連れていく勇気がなかった。



うんちが出ない以上

もう長くは生きられないのに。



むぎはタフで

ターミネーターで

明日の予測がつかない。



だからこんなに苦しむんだけど。

| ヘルスケア | 19:41 | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+おともだち
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES

+モラってタメせる



+ふぉんと

あんずいろ

+ ARCHIVES




+認定証
エビフライ犬認定証

+のせ♪のせ♪隊です
のせのせ隊

+ままんも会員
ピンボケ倶楽部


+ RECOMMEND
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
+ RECOMMEND
いつでも会える
いつでも会える (JUGEMレビュー »)
菊田 まりこ
何度読んでも泣いてしまう、大好きな本です。
+ むぎもここから
+ 楽天市場
+ ままんにメール
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ