むぎちゃんのゆるゆる日記

強欲・腹黒系のままんと、のんびりしたダックスの、ゆる〜い日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
少し食べる

朝から午前中いっぱい吐き続けたむぎ。


午後になって、ようやく少し落ち着いた。



相変わらず、流動食は食べようとしない。


夜になって、オットが差し出したやぎみるくぷりんを

食べた。

すかさず、お薬を小さく割って

ぷりんの中に埋め込んで、数口食べさせた。



相変わらずうんちは出ず。

何度もいきんで苦しむ。



抗がん剤で苦しいのか

むぎはひたすら寝ている。

| ヘルスケア | 21:01 | - | - | - |
家に連れ帰る

昨夜、獣医さんが終わったくらいの時間に

むぎに面会に行った。



抗がん剤の点滴は1日かけてやるので

会いに来るのであれば

できるだけ遅い時間にきてください

と、獣医さんに言われていたから。



抗がん剤でアタックをかけたあと

そのまま入院させて

経過を見るつもりだった。



2〜3日で、効果があったかどうか

わかるということだったので。



獣医さんが連れてきてくれたむぎは

見たところ元気だった。



オットが連れて帰ろうと言った。

むぎはきっと大丈夫だ。

まだ、頑張れると思う。

家で一緒に寝てあげよう。



獣医さんも

むぎちゃんは、おうちに帰りたいんですよ

と、言う。



だけど、あたしは決心がつかなかった。


もう、むぎの苦しむようすは

見たくなかった。



だけど、あたしたちを見たむぎは

迎えにきてくれたのだと思って

必死になってしっぽを振っている。


帰りたい

帰りたいって。



オットと獣医さんに押されるような形で

2人でむぎを抱いて

家に連れて帰った。



むぎは、すごくうれしそうで

朝からなにも食べていなかったので

流動食を1袋溶いて与えたら

ぺろっとたいらげた。


抗がん剤を受けてもあまりダメージは

ないのかな・・・と安心して眠りについた。



恐ろしい副作用は

翌日から牙をむいて襲い掛かってきた。


早朝、むぎは大量に吐いた。


昨夜食べさせた流動食だ。


そのあとも、小刻みに吐いた。

もう胃袋になにも入っていないのに。



ごはんを作っても

嫌がって口にしない。

こんなこと、うちに来てから初めてだ。


なんとかお薬だけでも飲ませたくて

無理やり口に入れても、吐いてしまう。



オットは急いで池袋まで行って

ペットショップでむぎの好きな

「やぎみるく」を、買ってきた。



やぎみるくぷりんを作っても

むぎは口にしなかった。


あんなに好きだったのに。



よろよろと歩くことしかできず

たまに立つときはおトイレで。

シーツでしばらく

苦しそうにいきんだあとは

またあの血の粘膜のようなものを出す。



あとは、ひたすら横になり

お腹が動いているのを確認しなければ

生きているかどうかもわからないほど

動かない。



目も開けず

体も動かさず

死んだように眠り続けるむぎ。



昨日も、今日も

何も食べていないのに

なんども、よろけながら立ち上がり

うんちをしようとふんばる。



抗がん剤で

こんなにもダメージを受けるとは

思ってもみなかった。



抗がんの効果が出るまえに

弱って逝ってしまいそうだ。



2人とも、

片時もむぎから目を離すことができない。




*おともだちへ

もう看取りの時期に入ってしまったので

コメント欄は閉じさせていただきますね。

弱ったむぎにお写真を向けることもできないので

お写真はないです。

ごめんなさい。

| ヘルスケア | 23:58 | - | - | - |
抗がん剤アタック

看取りの時がきているのかな・・・

と思います。


ツマ先生が、絞り出すように言った。




むぎがお尻から

どろどろの血の塊を出したとき

あたしはあわてて、オットに連絡した。

一人では泣いてしまって

獣医さんに行くこともできなかった。


オットが帰宅してすぐに

獣医さんに向かったけど

それは19時ぎりぎりで、

むぎは、その日最後の、患畜になった。



イケメン先生から変えた、そのおんぼろ病院は

(今ではおんぼろどころか、超きれい病院)

ご夫婦で獣医をしていて

ご主人が院長、奥さまがツマと呼ばれている

2人先生態勢。



しかも、お二人とも、前に難病で苦労した

ポメラニアンのももがお世話になった

東大のベテリナリーメディカルセンター出身で

じっくり診てくださるタイプの先生だ。



最後の患畜だったので

診察室には、先生2人、あたしたちフーフも2人

診察台の上にいるむぎをはさんで

4人の人間が入った。


診察のあと

先生は辛そうだった。


腫瘍は人間のこぶしほどの大きさで

もうむぎの体からうんちを出すことは

できなくなった。

お薬でも

指でかき出しても

下剤を飲ませても

浣腸をしても

出せない。


腫瘍は急速に大きく増殖し

直腸も血流が悪くなって壊死するほどの

圧迫をしている。

膀胱も潰れ、その機能を失いつつある。


手術を受けて、少しでも腫瘍を切り取り

うんちの出口を確保するか

人口肛門をつくるか。


でも、それはほんの少しの時間稼ぎで

腫瘍の増殖を抑えることはできない。


今現在のむぎは

免疫の機能を落とし

大量に鼻から黄色い膿を出し続け

でも元気があり

お腹が空いて、そわそわし

ごはんが欲しくて

絶えず足元にまとわりつくという状態。


ただ、あんな少しの流動食でも

食べたあとは、うんちを出したくなるらしく

エビのように背中を丸めて

きゅ〜きゅ〜言いながらいきんで苦しむ。

何度も何度もいきむ。


血の塊が出る。

それが延々と続く。



とにかく、手術をうけない限りは

もううんちが出ないことは確定してしまった。


むぎは、食べたがるけど

食べれば苦しみながら血の塊を出すから

もうごはんを与えられない。


ほんのちょっと生き延びるかもしれない

可能性だけで

またあんな大きな手術を受けさせたくない

とオットはいう。

あたしも同じ意見。


1時間ほどもかけて

先生とじっくりお話しをして


看取り


ということを受け入れた。



自宅で苦しんで、弱まって、自然に逝くのを待つか

先生に眠らせていただいて、逝かせるか

そのどちらか。



もう病院に連れて行っても

治療はない。



オットと話し合って

先生に眠らせていただく道を選んだ。



逝かせる前に

一度だけ

抗がん剤でアタックをかける

ことになった。

この抗がん剤は血液の癌などのこには

有効らしいけど

むぎのような固まった腫瘍ができるこには

効果は期待できない。


院長先生は、効かないと

反対したけど

ツマ先生がやってみましょうと

提案してきた。



たぶん、すがりつくような

あたしたちの視線を感じて

看取りの前に

もうワンクッション入れた方がいいと

判断したような感じだった。



でも、万が一効けば

腫瘍は小さくなり、肛門が確保でき

うんちが出る。

癌は治せないけど

できるだけのことをしてから

看取っても遅くはないので

奇跡を信じてやってみることにした。



今日むぎは朝から病院に入院して

抗がん剤の点滴を受けている。


有効であれば、効果はすぐにでるので

少し延命ができる。



効果がでなければ

むぎは先生の手で旅立つ。



あたしたちは、むぎのいないこの家で

運命のときを待っている。



| ヘルスケア | 14:12 | - | - | - |
下血

もう一週間うんちが出ていないむぎ。


いきんでも、いきんでも
出ない。


しっぽを上げて、おちりを見たら
血の粘膜のような固まりが出ていたので
びっくりして病院に連れてきた。
| ヘルスケア | 18:50 | comments(1) | - | - |
難を逃れる

もう、まるまる3日
うんちが出ていない、むぎ。


覚悟を決めて獣医さんに来た。


だけど、レントゲンを撮った結果
まだ浣腸しなくてすむことになった。


先生が思ったほど
うんちが溜まっていなかったから。


1日3食、流動食しか与えていないので
それがよかったらしい。


もう数日、様子を見ても大丈夫とのこと。


助かったね、むぎたん。(笑)


いくら少ないとは言え
3日もうんちが出ていないので
新たに、2種類お薬追加。


お腹に大量のガスが溜まっているので
胃腸の働きをよくする、お薬と
下剤。


これで、少しでもうんちが出れば
それだけ、浣腸をかける日を
延ばすことができる。


お薬は、全部で6種類になった。


むぎたんは
ミルク状の流動食の中の具として
ぺろんと飲み込んでしまうだろう。


むぎが、好き嫌いがない子で
よかった。(笑)
| ヘルスケア | 17:00 | comments(0) | - | - |
入院準備

下剤をかける治療は

おちりが汚れるらしい。



獣医さんに余計なお手間を取らせないように

前もって

おちりの毛を短くしておくことにした。



できれば、トリミングに出して

きれいにしていただきたかったけど

今のむぎにその体力はないから

おうちカットで。



まず、久しぶりにお風呂に入れて

体を、きれきれに。



いつものように、お風呂上りは

ドスンドスン、暴れる。(笑)お風呂




ドライして

一番短くしたい、おちりまわりは

バリカンをかける。バリカン




そのあと、おちりまわりの毛を

ままんが

キョキキョキキョッキンナ〜

と、切って、仕上げる。カット




自分でカットしてみると

トリマ〜さんと全然違った。(^_^;)

さすがにプロだと、しみじみ思う。(笑)



自慢のしり毛がなくなっても

今日も笑顔満開のむぎ。



なにがそんなにうれしいんだか

しっぽまで振って。

笑顔




迷っても、悩んでも

結局明日に導いてくれるのは

むぎのこの笑顔なんだ。



むぎたん、ちゃわゆい〜(≧▽≦)


*むぎたんの耳毛のカリカリは

 流動食を食べるときに

 ボールにお耳が入ってしまったからです。

 毎日、スヌードをつけないと。

| ヘルスケア | 17:41 | comments(2) | - | - |
流動食へ

ステロイドを2+1/2のマックスまで与えても

腫瘍の大きくなる速さに

追いつけなくなってしまった。


おとといは、前日から

まったくうんちが出ていないので

気になってはいたけど

お腹が空いたむぎが食べたがるので

お夕飯を与えてしまったら

一気にきた。


うんちをしたくて

背中を丸めて

ぐるぐる、ぐるぐる、いきむ、むぎ。



夜の6時にお夕飯を与えて、

7時過ぎてもきゅ〜きゅ〜言いながら

丸まって苦しむむぎを見て

あわてて獣医さんに駆け込んだ。


腫瘍は、ますます奥深くまで大きく張り出し

獣医さんの手が届くところより

もっと奥に

うんちが詰まっていた。


むぎは、もう自力でうんちは出せないし

獣医さんにかき出していただくのも

効果がなくなってきた。


これは、ほんとうにやりたくなかったけど

週に2回、浣腸して

うんちを水状にして出すことになった。


浣腸したらしばらく

だらだらと水状のうんちが出るので

半日入院で、治療を受けることになる。


人間だって(あたしはやったことないけど)

浣腸なんてやったら、苦しいだろうから

むぎに浣腸を受けさせるのは嫌だなぁ・・・・。


それと同時に

うんちが少なくなるように

ごはんを流動食に換えた。


これは、病気の子とか

自分でご飯が食べられないくらい弱った子に

ぬるま湯で溶かして

注射器にいれ

お口から流し込んであげるタイプのもので、

これだけで、必要な栄養素が取れるようになっている

ハイパー栄養食だ。


むぎは、これを1日に3袋。流動食



カリカリフードだって

お肉だって野菜だって

なんだって

むぎはばくばく食べれる食欲があるから

本来なら、こんな流動食は必要ないんだけど

食べたあと、うんちが出ないこの状態では

うんち自体が少なくなるような

ごはんに換えなくてはならない。


もちろん、むぎは

このぬるま湯で溶かした流動食も

フードボールに入れてあげるだけで

がつがつ食べているけど。



注射器必要なし・(笑)

ぺろりん



むぎは、カリカリフードだけじゃなくて

お肉も、ケーキも、わんこおやつも

固形物はすべて食べられなくなくなった。



食べるのは問題ないけど

そのあとが苦しくなるから。


こんなに食べことが好きなのに

かわいそうな、むぎ。


食べるものは流動食だけ

うんちは、浣腸して出す。


そんなことをして生かし続けて

意味があるのか

という思いもあるけれど



こんな状態になっても

むぎの目は、相変わらず力強く

生きる力に溢れている。生きる



何度も心が折れそうになるけど

むぎが頑張っている限りは

全力でサポートしてあげるしかない。


むぎって、ほんとに強い子だ。


| ヘルスケア | 16:56 | comments(0) | - | - |
時間外診療

今日は、まったくうんちがでないむぎ。


お夕飯を与えたあと、うんちを出したくて
いきみ続けて苦しむ。


もう獣医さんは終わっている時間だったけど
電話したら、まだ診ていただけるとのことで
あわてて、連れてきた。

| ヘルスケア | 19:25 | comments(0) | - | - |
チキンレース

お薬の増量で、少しうんちくんが出るようになり
もちなおしたむぎ。


なんかもう、
ターミネーターとか
アンドロイドとか
そんな領域に来てしまったような、気がする。



このままお薬増量を続けて
どこまで行くんだろう。


むぎは、苦しいとか、やめてとか
言えないからなぁ。

| ヘルスケア | 20:05 | comments(2) | - | - |
再びのピンチ

おとといの夜、寝る前に
むぎのお鼻から黄色い鼻汁が出ているのを発見。


歯だ。


去年も今頃、犬歯の奥が化膿して
同じような、黄色い鼻汁がでたから、ピンときた。


昨日は、朝一で獣医さんへ。



症状を診て、おちりの穴を触診した先生
しばらく、沈黙........。


ウロウロ.......


さらに沈黙........。


そして辛そうに口を開いた。


ステロイドを大量に投与すると
免疫力が落ちて、感染しやすくなります。


怪我をすると治りにくかったり
なんでもないところから出血したり
化膿したり。


たぶんこの化膿は、ステロイドのせいでしょう。


お薬は減量したかったんですが
2錠から1.5錠にしたら、うんちが出なくなったんですよね。


今、2錠でこの状態は厳しい。


また腫瘍は大きくなって
肛門はほぼふさがっています。


ステロイドを2+1/4
それでも出なかったら2+1/2まで増量。
強い抗生剤+消炎剤。
これで様子を見ましょう。


急変したら、すぐに連絡してください。



と言う診断で、しょんぼりしながら帰ってきた。


夜、むぎはお鼻が気持ち悪いのか
いつまでも舌をペロペロして寝なかった。


ようやく静かになっても
ため息のような、大きな呼吸をして
目は見開いたまま。


よが明けて
お外が明るくなり始めたころ
むぎは眠りについた。


そのあと、あたしも少し眠って
仕事に出た。


むぎ
もうそんなに頑張らなくてもいいから。
おかーさん、そろそろ心の準備ができたから。
| ヘルスケア | 16:07 | comments(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+おともだち
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES

+モラってタメせる



+ふぉんと

あんずいろ

+ ARCHIVES




+認定証
エビフライ犬認定証

+のせ♪のせ♪隊です
のせのせ隊

+ままんも会員
ピンボケ倶楽部


+ RECOMMEND
犬と、いのち
犬と、いのち (JUGEMレビュー »)
渡辺 眞子,山口 美智子(写真),石黒 謙吾(構成)
+ RECOMMEND
いつでも会える
いつでも会える (JUGEMレビュー »)
菊田 まりこ
何度読んでも泣いてしまう、大好きな本です。
+ むぎもここから
+ 楽天市場
+ ままんにメール
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ OTHERS
+ PR
このページの先頭へ